COMPANY

企業情報

環境への取り組み

北海道のくらしと環境を
技術で支える。

積水化学北海道株式会社は、全ての企業活動において環境貢献と安全配慮に全員で取組み、北海道のくらしと環境に貢献します。
生産・販売活動においてライフサイクルも考慮した環境影響に配慮し、環境負荷の低減と生態系・水環境を含む環境汚染の予防をはかり、また地域社会と連携した環境貢献製品の開発と販売を通じて、環境保全の活動を行います。
ここでは、当社が実施している、環境への取り組みをご紹介します。

環境保全活動について

積水化学北海道では、「環境・安全方針」を策定しています。
本社・工場(岩見沢市)において、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認定を受けており、地域の環境に配慮した企業活動を行っております。
(2000年2月25日取得)

ISO14001
JQA-EM0740

  • 工場の定期環境測定を行い、「省エネルギー推進活動」として、CO2排出削減・原単位削減を通年で実施
  • 敷地内に「エコステーション」を設置し、工場から出る廃棄物の「リデュース、リユース、リサイクル」を推進
  • 各事業所から出る廃棄物を全て再資源化する「ゼロエミッション(廃棄物ゼロ)」への取り組み
  • 事業所周辺の清掃活動実施や、地域の自然保護活動、社会貢献活動への参加
  • 北海道内で発生したプラスチック端材を原料とした、リサイクル製品の開発 等

環境・安全方針

積水化学北海道株式会社は、経営理念として「北海道のくらしと環境に貢献する」をミッションとしています。この経営理念を実践するために、環境マネジメントシステムを構築し「環境・安全方針」を定め、全員で事業活動に取り組みます。

  1. 生産・販売活動においてはライフサイクルも考慮した環境影響に配慮し、環境負荷の低減と生態系・水環境を含む環境汚染の予防をはかります。
  2. 環境貢献製品の開発と販売及び各所と連携した地域貢献活動で、環境保全に取り組みます。
  3. 安全で快適な職場環境を構築するためルールを遵守するとともに、生産・販売活動における危険個所の抽出と改善をチームワークで取り組みます。
  4. 感染症予防の徹底と健康づくりとメンタルヘルスの推進で、従業員の心と体の健康増進を支援します。
  5. 活動には方針に整合する目標を設定するとともに、マネジメントレビューによる定期的な見直しを実施してパフォーマンスの継続的改善をはかります。
  6. 関連の法規はもとより、当社が同意した他の要求事項を順守します。
  7. この方針および活動の重要性、目標は事業所で働く全員に周知徹底します。

2021年4月1日
積水化学北海道株式会社 代表取締役社長

工場の環境負荷低減

工場の環境負荷データと低減への取り組み

積水化学北海道では、環境負荷低減への取り組みとして、工場の環境負荷データを公表しています。(毎年 6月更新)

工場の環境負荷データ(2021年度 更新)

  • CO2削減の取組
  • 大気への排出
  • 廃棄物削減とゼロエミッション
  • 化学物質の管理
  • 水質保全
工場の環境負荷データ
トップへ戻る