岩見沢市で下水道管路調査業務を受託しました

業務概要:下水道管(使用後50年以上経過)の状態を調べる業務
調査延長1.画像展開カメラ調査 L=3,740m(内2.衝撃弾性波 L=1,120m)、目視調査 L=2,506m 

※1 画像展開カメラ調査とは?

190゜の超広角レンズを搭載したTVカメラで、管路内の全周を展開した画像を撮影します。

特長

・管内を直視のまま走行するだけで管内面の展開画像が得られます。

 (異常箇所・継手部で停止する必要がありません)

・日進量が大幅にアップします。(当社計測比:TVカメラ検査との比較で約1.5倍!)

・調査後の展開画像データからクラックや水深、突き出し、段差などのスケール(寸法)測定

    できます。

画像展開 帳票サンプル
画像展開 帳票サンプル

※2 衝撃弾性波検査法とは?

管に軽い衝撃を与えるだけで、その振動から仮想管厚及び破壊荷重を推定する非破壊検査です。

管の状態を数値化し、健全度や安全度を算出します。

特長

・非開削で調査が可能です。

・管体を傷つけることなく調査できます。

・計測された波形の周波数分布を解析することで、管体の劣化を定量的に判定できます。

・規格値に対する劣化の度合い(健全度)や埋設状態における安全性(安全度)がわかるように

    なるため、管の更生・補修における適正な工法選定に活用できます。

衝撃弾性波検査法の仕組み

衝撃弾性波検査法の仕組み

衝撃弾性波検査法の診断票例

衝撃弾性波検査法の診断票例

実 際 の 作 業 状 況

今後は、この調査データをもとに管路の長寿命化を岩見沢市様で検討される予定です。

 

詳しいお問合せは、

積水化学北海道株式会社 直需・ストック営業部
TEL 011-737-6330 FAX 011-736-5987