当社における石綿使用製品について

2006.1.16



積水化学北海道株式会社では、過去に製造したプラスチックサッシ製品の付属部品として一部に白石綿(アスベスト)を使用していましたので下記の通りお知らせします。

なお、現在、当社では石綿を使用した製品の製造は一切行っておりません。



1. 使用状況
当該製品は1984年から1998年の間、溶接取付工法向けに特別に加工した窓枠に白石綿を使用していました。但し、一般に流通する商品には使用していません。

使用量は窓ごとに厚さ1.6ミリ×巾65ミリ×長さ60ミリの白石綿含有断熱シートを15~20ヶ(窓のサイズにより)取り付けています。


2. 製品への使用目的
窓枠を躯体に取り付けする際、溶接熱で窓枠が変形しないように溶接用金具と窓枠の間に白石綿含有断熱シートを使用していました。

詳細は添付図面を参照して下さい。
(PDF形式:38KB)

3. 対象となる建物
窓枠を躯体に取り付ける方法として溶接取付工法を採用している建物で、主に
(ア) 鉄筋コンクリート(RC構造)の建物
(イ) ブロック構造の建物
等が対象となります。
尚、木造住宅の窓枠には付属部品として石綿は使用していません。

(セキスイハイム、セキスイツーユーホームへお住まいのお客様へ)

4. 健康への影響
窓枠を取り付けした後はモルタル等で覆われるため、入居後の空気中への飛散はなく、健康への影響を及ぼすことはありません。

5. リフォームや解体時の注意
白石綿断熱シートが劣化してもろくなっている場合は、水で濡らし粉じんの飛散を防止するとともに防塵マスクを着用して作業をして下さい。
また処理は、産業廃棄物処分許可を持つ処理業者に委託して処理して下さい。



以 上


■ お問い合わせ先
積水化学北海道株式会社 経営管理部 総務グループ 
電話 0126-22-0801