「医療的ケア児支援フォーラム」開催のお知らせ

■医療的ケア児支援フォーラムのご案内
~医療的ケア児の家族と関係者が、希望を持てる明るい社会づくりのための議論をする~


開催趣旨

新生児医療の発達により、未熟児や先天的な疾病を持つ子どもなど、以前なら出産直後に亡くなっていたケースでも助かるようになり、一方で日常的に痰の吸引や経管栄養等の医療的ケアを必要とする「医療的ケア児」が増えています。
せっかく命が助かり、生まれてきた医療的ケア児。しかし病院を出た後、医療的ケア児のほとんどは、保育園でも幼稚園でも多くの障害児施設でも預かってもらえません。そんな状況で、親(特に母親)は社会的に孤立し、24時間365日の看護に疲労困憊しきっています。
この状況下で今般、障害者総合支援法が改正され医療的ケア児の制度創設に向けた動きが出てまいりました。

弊社は、当フォーラムの開催趣旨に賛同し協賛いたします。


◆日時 : 2016年7月30日(土) 13時30分~15時00分 (13時00分受付開始)

◆場所 : ホテルさっぽろ芸文館 (旧北海道厚生年金会館) 3階 黎明の間
                札幌市中央区北1条西12丁目 電話011-231-9551

◆主催 : 子ども用車いすマーク”バギーマーク”のお店 (医療的ケア児の家族)
                mon mignon peche(マム ミニョン ペッシュ)

◆協賛 : 積水化学北海道株式会社

◆後援 : 永田町子ども未来会議、全国医療的ケア児支援協議会、北海道(予定)、札幌市(予定)

◆定員 : 200名

◆参加費: 無料

◆会場展示
・ママたちの手作りグッズの展示(子ども用車いすマーク”バギーマーク”他)
・子ども用車いす(バギー)及び人工呼吸器、痰吸引器などの医療機器の展示
・在宅介護の負担を軽減する、住環境整備の案内

◆パネリスト
前厚生労働省 障害児・発達障害者支援室長 津曲共和氏
国立大学法人筑波大学附属久里浜特別支援学校長 下山直人氏
永田町子ども未来会議座長 衆議院議員 荒井聡氏
医療的ケア児家族代表 宮本佳江氏、関友子氏
*コーディネーター NPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹氏


申し込み方法

下記の申込書にてお申込みください。


<フォーラム案内文>

<参加申込書>


お問合せ

積水化学北海道㈱ 清野(せいの) 電話011-785-3313