岩見沢市「サケの稚魚放流壮行会」への参加について

積水化学北海道株式会社では、岩見沢市 幾春別川をよくする市民の会・岩見沢商工会議所青年部が主催するサケの稚魚放流壮行会へ参加いたしました。

 昨年に引き続き、環境への取り組みとして、岩見沢市が進める「きれいな川づくり事業」へ協力するため、本館事務所入口にて、1月19日からサケの稚魚200匹の飼育を行っておりましたが、その活動の締めくくりとして開催されたものです。

 当日は、岩見沢市内の保育園、小中学校を中心に大勢の方が参加され、それぞれが飼育してきた稚魚約1万2千匹を、岩見沢市内を流れる幾春別(いくしゅんべつ)川へと放流しました。

 

  日時 : 2015年4月10日(金) 10:30~

  場所 : 岩見沢市若松町328番地先(幾春別川左岸)

 

弊社では今回が2回目の参加となりましたが、昨年の経験を活かし今年は約150匹と昨年より多くの稚魚を放流できました。

 

当日の様子 


各団体が飼育した稚魚一旦水槽に移します
 


放流しやすいようカップに移されます
 


体長5cmくらいに成長した稚魚
 


参加者が次々と放流していきます

 

<関連リンク>
昨年の稚魚放流壮行会の様子