リサイクル製品の開発

北海道内で発生したプラスチック端材を原料としたリサイクル製品の開発により、循環型社会の創出を進めています。



市中から回収された水道用ポリエチレン二層管を再原料化し、仕切り弁きょう台座に生まれ変わります。



プラスチック窓を組み立てる時に出る端材を、内層材料として三層押出し、リサイクルを可能にしました。
少し青みがかった所がリサイクル原料です。




※仕切り弁きょう台座は、北海道認定リサイクル製品に選ばれています。